イベント

  • TOP
  • > イベント
  • > 第50回スポーツ報知特選試写会「救いたい」

第50回スポーツ報知特選試写会「救いたい」

日時
11月13日(木) 18時 開場 18時40分 開映

場所
東京エレクトロンホール宮城・大ホール(地下鉄「勾当台公園」下車・徒歩300m)

出演
鈴木京香 三浦友和 貫地谷しほり 渡辺大 土田早苗 堀内正美 宅麻伸 中越典子 藤村志保 津川雅彦 ほか 

悲しみの先に、愛をつかもうとする人がいる。さまざまな記憶が交錯する東北の地で明日に向かって生きる人々の真実の物語。
名匠・神山征二郎のリアリティを追求した現場に鈴木京香、三浦友和ら夢の豪華キャストが集結。そして主題歌は小田和正が東北に向けて作った「その日が来るまで」。
監督:神山征二郎 脚本:古田求
配給:AMGエンタテイメント
公開:2014年11月22日(土)より全国ロードショー

レビュー

東日本大震災の被災地で、さまざまな悩みや過去を抱えながらも夫婦や地域の人々と互いに支えあい、助け合って生きていく姿を描いたヒューマンドラマ。あまり知られていない麻酔科医の仕事や、震災3年後の被災地の人々の現状や想いなどが詰まった作品に仕上がっています。

ロケは塩釜漁港や石巻、七ヶ浜、松島など宮城県各地で行われ、多くの市民エキストラにも参加いただいたほか、国立病院機構仙台医療センター、陸上自衛隊全面協力のもとで実現したリアリティを追及した医療シーンや迫真の捜索活動シーンもこの作品の大きな見どころとなっています。

主題歌は、小田和正さんの「その日がくるまで」。この曲は震災後、小田さんが大学時代を過ごした第二の故郷である東北へ思いを込めて作られた楽曲です。

キャストは宮城県出身の鈴木京香、三浦友和、貫地谷しほり、渡辺大、中越典子、その他ベテランキャストが数多く出演。キャスト達の「仙台弁」にも注目です。

読売新聞購読案内

宮城県内読売新聞販売店一覧