絵本のじかん

  • TOP
  • > 絵本のじかん
  • >「たからもの ~大人になって もう一度読む うらしま太郎の物語~」

8月は「たからもの ~大人になって もう一度読む うらしま太郎の物語~」をご紹介します

「たからもの ~大人になって もう一度読む うらしま太郎の物語~」

絵・文:いもんのりこ
StuDio え・ほ・ん(1000円+税)


まずはじめに、この本は自主制作出版の絵本で、限られたところでしか手に入りません。
作者のいもんのりこさんは、優しくて穏やかで可愛らしい大人の女性です。
StuDioえ・ほ・ん の作品発表会で出会った作品で、本と台所によくいらしてくださる絵本のお勉強をしている方が紹介してくださいました。

うらしま太郎というほとんどの方がご存知の物語。
表紙を見た途端、こんな読み方があるのだ!と衝撃を受けました。
柔らかな挿絵と、文の構成がすごく合って読みやすい。
前半部はうらしま太郎のお話が懐かしく、後半になるとお年を召した女性と太郎の会話。
その会話にこそこの物語の真髄が隠されているのです。
太郎は亀を助けたことも、竜宮城に行ったことも、玉手箱を開けたことも、何一つ後悔はしていませんでした。
「過ぎた時間は 決して取り戻せません。」(本文から抜粋)
その言葉にハッとしました。
分かってはいるけれど、普段はすっかり忘れてしまう。

私も度々後悔をしながら暮らしています。
そういうことの方が多い世の中だと思います。
この本のうらしま太郎が乙姫が涙してくれたことがたからものと言っていたように、私の中にもたいせつなたからものを育んで年を重ねていきたいと思いました。

今回は、お子様には少し難しい絵本です。
すべての「大人」の皆様に読んでもらいたい1冊としてご紹介します。

※ちなみに、本と台所には現在4冊の在庫です。
購入ご検討される方は、メールにてご相談くださいますと助かります。
品切れの場合は再入荷までお待たせいたしますが、ご容赦ください。

絵本の紹介者

■まかべあさみ

仙台市出身、さいたま市在住 高1の娘の母。
嫁ぎ先の工務店を手伝うかたわら、児童文学の勉強を始め、作家を目指し活動中。
2016年7月には念願のカフェを出店。
絵本とごはんとおやつのお店「かふぇぎゃらりー本と台所」店主として奮闘中。

○ 絵本の購入もできます。(ギフト対応可)
ご希望の絵本のタイトル、冊数、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、
(ギフト用の場合は絵本のお届け先)を下記のお問い合わせ先までお伝えください。
※絵本の代金+送料のお支払いは、郵便局の口座振込み[先払い]となります。

-お問い合わせ先-

「かふぇぎゃらりー本と台所」
店主/まかべあさみ
〠337-0043
埼玉県さいたま市見沼区中川267-3
TEL/FAX 048-699-1923
E-mail asamin.com.makabe@icloud.com
※カフェの営業中は 電話に出れないことも多いため、FAXまたはメールでお問合せいただくことをオススメします!

Blog http://ameblo.jp/fabelis10/
Facebook https://www.facebook.com/asamin.com.makabe
Instagram 本と台所 まかべあさみ (@hon10daidokoro_a)

読売新聞購読案内

宮城県内読売新聞販売店一覧